美味しいカニの店舗、通販の感想を探そう

薫り高きモクズガニを房総で食す 和風レストラン石山

   

最近、NHKで放映されて川の珍味として話題のモクズガニ。全国の川にいるものの、食べることのできるモクズガニのいる川は限られています。内房の清流沿いにある和風レストラン石山では、天然のモクズガニを使ったさまざまな料理を楽しむことができます。首都圏からのアクセスもアクアライン経由で容易です。首都圏から一番近く、モクズガニを味わうことができるのが、房総ではないでしょうか。
日本の上海蟹といわれるモクズガニ、どのような味なのでしょうか。

薫るカニ味噌

モクズガニは甲羅の長さが大きくて10センチ、脚をひらいた長さは20センチほどです。脚やハサミの肉もおいしいのですが、海のカニのように太い肉がつまっているわけではありません。よく食べられるのが甲羅の中のカニ味噌なのです。鮎の棲む房総の清流は、地元の人たちの水源地にもなっていて、大変きれいです。そこでとれたモクズガニのカニ味噌の風味は極上。これを楽しむには味噌をご飯の上にかけた「かにご飯」が一番です。
和風レストラン石山では、地元で撮れたモクズガニの味噌をご飯にのせたかに御飯が定番メニュー。
ご飯の上にのっているモクズガニの味噌は、ウニのような黄褐色。ところどころにオレンジの粒もあります。一口食べてみると、清流の苔のにおいを濃縮したようなかおりに、チーズのような濃厚な味わい。後味はほろ苦く、ご飯が欲しくなる味です。これはご飯が進むわけです。鮎のような香りが鮮烈で、舌に苦味が残るということもありません。ご飯にはモクズガニの身も乗っていて、こちらはタンパクながらも、旨味と甘味の感じられるカニの味。

かにご飯を堪能したあと、モクズガニをそのまますりつぶしたかに汁をいただきます。

ふわふわかに汁

一度は味わっていただきたいのが、和風レストラン石山ならではのかに汁。
生きたモクズガニをすりつぶし、味噌仕立ての汁にします。モクズガニをそのまますりつぶすので、カニの旨みを余すことなく堪能できます。味噌のほかにも、甲羅や身もおいしいのがモクズガニなのです。
味噌仕立ての汁は、カニの香りが強くたちのぼります。
味の濃いかに汁を想像していましたが、食感はふわふわして実に新鮮な感覚です。とてもやわらかい玉子焼きのような食感の中に、モクズガニの濃い香りと旨味が満ちています。小さな川のカニと思っていたら、料理の主役になる際立った風味。
清流に棲む天然のモクズガニは、海のカニに興味がなくなるどの感動を与えてくれました。

最後になりましたが、ズガニと呼ぶ地方が多いモクズガニ、ご当地房総ではモクゾウガニと呼ばれています。
もちろん、注文するときはモクズガニで通じます。
ぜひ、川の恵みを味わいに行ってみてください。

 - 店舗・お店, 非常に美味しい・満足

  関連記事

no image
どうしてもカニ鍋をしたくてこちらのショップで購入しました

冬の味覚でもカニというのは特別なものがあって、家族もカニには目がない程に好きな食 …

no image
いわき市のカニピラフ店メヒコの紹介

店舗紹介 カニピラフ専門店 メヒコ カニピラフの専門店メヒコを紹介したいと思いま …

no image
福井の民宿あやらさんでカニを堪能する

冬といえばカニ!カニといえば福井 私はカニが大好きでカニの季節(冬)になると必ず …

no image
リゾートホテルナスパニューオータニでカニ食べ放題

冬らしくなりますね 数十年の付き合いになる友達ファミリーと良く旅行に出かけるので …

no image
北米の味 ダンジネスクラブを横浜で味わう

北米でよく食べられるのがダンジネスクラブ。ワタリガニのような形で、大きなものは片 …

no image
家庭でタラバガニのフルコースを美味しく食べたこと

熱い夏が過ぎた後に来る秋の味覚といえば、松茸やさんまなど、近所のスーパーマーケッ …

no image
デパ地下のタラバガニ

私の家族はカニに目がなくって良く週末になるとかに料理店に行くのですが自宅でかに料 …

no image
ランチにちょっぴり贅沢

華道の教室に通っていますが、年に一度華展があり、無事に終わると、先生も御一緒に打 …

no image
カニを買うなら本物を売る店が一番です

年末近くになると我が家ではカニというものは 特別な存在というか食べる物だとして認 …

no image
絶対!絶対に毛蟹。甘くて濃いカニ味噌&最後の雑炊まで美味。

息子の誕生日には毛蟹と決まっています。甘党ではないからケーキなどいらない、お酒は …