美味しいカニの店舗、通販の感想を探そう

越前の鮮味 「水かに(ずぼがに)」

   

晩秋になると、日本海側ではカニ漁が解禁となり、各地で身のつまったカニが水揚げされる光景がニュースで流れます。
物流が発展した現在では、日本海側の漁港に行くことなく、冬の味覚を全国どこでも楽しむことができますが、なかなかご当地以外に流通しないのが「水がに」とよばれるかにです。水がにの魅力と、食べてみた感想をまとめてみました。

肉がずぼずぼ抜ける ずぼがに

水かには、水揚げされるかにと同じ種類です。一番の違いは、値段。
すごく高価なのかと想像してしまいますが、そんなことはありません。とても安く、地元の人が普段食べることのできる値段なのです。一杯で二千円も出せば大きな水がにを買うことができます。こんなに安価だから、地元で消費されてしまって、出回らないのでしょう。

水がには、脱皮直後のかにで、一回り大きくなった甲羅の中に身が入っているため、身が簡単に「ずぼっと」抜けます。あまりにずぼずぼ抜けることから、福井では水がにのことをずぼがにと呼んでいるのです。身が抜けやすいほかに、脱皮後で甲羅や脚が大変柔らかいのが特徴です。一番硬いハサミの部分も、手で裂くことができるほどです。
それでは、地元でしか出回らないこの水がに、どんな味なのでしょうか???

料理が自慢の旅館で味わうずぼがに

越前がにの水揚げで有名な三国港近くのあわら温泉。こちらに料理が自慢の「よしの旅館」があります。前もってずぼがにを食べたいとお願いしておきました。
夕食はずぼがにを中心とした冬の海産物尽くし。さっそく大きなお皿の上に鎮座しているずぼがにを食べてみることにしました。大きさ・見た目ともに越前がにです。市場で買ったら相当いい値段になるでしょう。
さっそく脚の部分の肉を食べてみます。確かに脚の部分は柔らかく、光が透き通るくらい薄くなっています。切り込みが入っているところから、身を抜いてみます。ずぼっという音はしませんでしたが、何の抵抗もなくきれいな身が抜けました。
水がにという名前のとおり、身は水分が多く、とても柔らかいです。しかに、カニの旨み、甘み、海のかおりは失われておらず、どんどん箸がすすむ味なのです。水っぽいのかな、と思っていましたが、そんなことはありませんでした。
とにかく量があるので、かにをお腹いっぱい食べることができます。胴体の部分も柔らかく、みそはそれほどありませんでしたが、脚の付け根の肉は柔らかくて香りが高く、食べても食べても飽きることがありませんでした。
旨みが凝縮されて、身が詰まったかにもよいですが、新鮮な水がには、現地にいったら食べる価値のあるかにであることは間違いないようです。

 - 店舗・お店, 非常に美味しい・満足

  関連記事

no image
冬は皆でカニ鍋パーティー!子供も満足♪激うまっ

今年もカニ鍋の季節がやってきました! 毎年新年に親戚みんなで集まり、皆で鍋をつつ …

no image
福岡県遠賀郡にあるカニの工場ヒラヤマの格安カニについて

福岡では有名なカニ工場ヒラヤマ 夫の職場の人が以前、福岡県に住んでいて、この「カ …

no image
冬の食べ物と言えばやっぱりカニ!ネット通販が安くて美味しくてお得

僕が冬になって楽しみにしている食べものはやっぱり「カニ」です!普段は高くて手が出 …

no image
北海道出身の義理の姉夫婦に通販のカニをプレゼント!ショップは北国からの贈り物

北海道育ちの義理の姉へのおみやげとして 私の主人は北海道出身です。 我が家は現在 …

no image
城崎温泉へのカニツアー

忘れられないカニの味 今でも忘れられないカニの味といえば、僕の中では、城崎の「し …

no image
かに道楽 川崎店でかに会席を食べました

自分の給料では早々いけない、敷居の高そうなあの店。かに料理で有名な店といえば、「 …

no image
名前の通り、かにの道楽!かに尽くしの一日。

7連勤という、過酷スケジュールに耐えた私は自分へのご褒美に梅田のかに道楽へ行くこ …

no image
一度は食べたい黄色タグ付き越前ガニ

越前ガニは福井県で水揚げされるズワイガニのブランドです。 一定の品質を保ち、ブラ …

no image
カニ好きには堪らないかに道楽

毎年恒例のかに道楽へ 我が家では誕生日にそれぞれが行きたいお店に家族全員で行きま …

no image
1年に一度のぜいたく!正月のカニ、かに、蟹!!

毎年、お正月が近づくとインターネットでカニを注文するのが我が家の恒例行事です。 …