美味しいカニの店舗、通販の感想を探そう

越前の鮮味 「水かに(ずぼがに)」

   

晩秋になると、日本海側ではカニ漁が解禁となり、各地で身のつまったカニが水揚げされる光景がニュースで流れます。
物流が発展した現在では、日本海側の漁港に行くことなく、冬の味覚を全国どこでも楽しむことができますが、なかなかご当地以外に流通しないのが「水がに」とよばれるかにです。水がにの魅力と、食べてみた感想をまとめてみました。

肉がずぼずぼ抜ける ずぼがに

水かには、水揚げされるかにと同じ種類です。一番の違いは、値段。
すごく高価なのかと想像してしまいますが、そんなことはありません。とても安く、地元の人が普段食べることのできる値段なのです。一杯で二千円も出せば大きな水がにを買うことができます。こんなに安価だから、地元で消費されてしまって、出回らないのでしょう。

水がには、脱皮直後のかにで、一回り大きくなった甲羅の中に身が入っているため、身が簡単に「ずぼっと」抜けます。あまりにずぼずぼ抜けることから、福井では水がにのことをずぼがにと呼んでいるのです。身が抜けやすいほかに、脱皮後で甲羅や脚が大変柔らかいのが特徴です。一番硬いハサミの部分も、手で裂くことができるほどです。
それでは、地元でしか出回らないこの水がに、どんな味なのでしょうか???

料理が自慢の旅館で味わうずぼがに

越前がにの水揚げで有名な三国港近くのあわら温泉。こちらに料理が自慢の「よしの旅館」があります。前もってずぼがにを食べたいとお願いしておきました。
夕食はずぼがにを中心とした冬の海産物尽くし。さっそく大きなお皿の上に鎮座しているずぼがにを食べてみることにしました。大きさ・見た目ともに越前がにです。市場で買ったら相当いい値段になるでしょう。
さっそく脚の部分の肉を食べてみます。確かに脚の部分は柔らかく、光が透き通るくらい薄くなっています。切り込みが入っているところから、身を抜いてみます。ずぼっという音はしませんでしたが、何の抵抗もなくきれいな身が抜けました。
水がにという名前のとおり、身は水分が多く、とても柔らかいです。しかに、カニの旨み、甘み、海のかおりは失われておらず、どんどん箸がすすむ味なのです。水っぽいのかな、と思っていましたが、そんなことはありませんでした。
とにかく量があるので、かにをお腹いっぱい食べることができます。胴体の部分も柔らかく、みそはそれほどありませんでしたが、脚の付け根の肉は柔らかくて香りが高く、食べても食べても飽きることがありませんでした。
旨みが凝縮されて、身が詰まったかにもよいですが、新鮮な水がには、現地にいったら食べる価値のあるかにであることは間違いないようです。

 - 店舗・お店, 非常に美味しい・満足

  関連記事

no image
冬の味覚の王様「カニ」を食べて!購入は楽天 ますよねがお勧め

カニの購入は楽天の「ますよね」さんがお勧めです。 冬の味覚の王様であるカニは、こ …

no image
カニを買うなら本物を売る店が一番です

年末近くになると我が家ではカニというものは 特別な存在というか食べる物だとして認 …

no image
カニ刺身、焼きガニ、カニ雑炊… 境港の絶品カニコース!居酒屋太平記のカニコース

カニ水揚げ量日本一の境港へ カニといえば日本海。 日本海に面した鳥取県境港に行く …

no image
ここは大阪!!やっぱり!かに道楽

意外な事に 先日大阪旅行に言ってまいりました。色々な観光地を見て回りましたが、や …

no image
浜坂カニ

やっぱり兵庫のカニ 私がよく食べるのは、地元ということもありますが、兵庫(香住・ …

no image
やっぱり本場北海道で食べるカニが一番おいしい

どうしてもカニが食べたい時は専門店で 私は幸いにも北海道に親戚や友人などが数名居 …

no image
絶品、地元北海道の毛ガニ!一度食べたら病みつきです!

私は30代男性、北海道在住の民間企業に勤めるサラリーマンです。 私は大のカニ好き …

no image
ランチも会席もやっぱりカニでしょ

かに料理のランチについて かに料理と聞くと価格や敷居が高いという印象ですが、実際 …

no image
北海道出身の義理の姉夫婦に通販のカニをプレゼント!ショップは北国からの贈り物

北海道育ちの義理の姉へのおみやげとして 私の主人は北海道出身です。 我が家は現在 …

no image
エンゼルグランディア越後中里のバイキングで食べたカニ

私が今までに食べたカニの中で、最も印象に残っているカニをご紹介します。 もともと …